緊急時の対応について

学校紹介

リンク

学校の活動紹介

7月22日 釜小広場
朝の活動で釜小広場を行いました。本来は、体育館で全校が集まって行う活動ですが、コロナの関係で集まることができないため、放送で行いました。放送・集会委員が進行を務め、ピカピカ委員が発表をしました。掃除の仕方について具体的に説明し、やり方がよいかどうかを全校に考えてもらいました。はきはきとした話し方で、内容もよく伝わりました。全校の子もしっかり放送を聞いていました。
7月17日 4年生認知症の話
4年生が福祉の学習の一環として、認知症の話を聞きました。地域包括センターの方や瀬戸の里の方に講師として来ていただきました。認知症とはどんな症状なのかどのように接すればよいのか、福祉の観点から考えるよい機会になりました。
7月10日 読み聞かせ
3日間、警報のため臨時休業でしたが、子供たちは欠席者もなく元気に登校してきました。大変ありがたいことです。さて、朝の活動では、教頭先生が読み聞かせをしました。読書感想文の書き方の指導も兼ねての読み聞かせでした。子供たちは、読み聞かせに耳を傾けていました。読書感想文の書き方についても、一生懸命聞いていました。
7月2日 歯磨き開始 
新型コロナウィルス感染症予防のため、これまで学校での歯磨きは行っていませんでしたが、今日から級食後の歯磨きを開始しました。しかし、歯磨きで飛沫が飛ばないようにしなければならないので、今までの方法とは違っています。食べ終わった人から歯ブラシとコップを持って手洗い場にいきます。口をできるだけ閉じて歯磨きをし、つばは一度コップに吐いてから水と一緒に手洗い場に流します。もちろん、しゃべらないで行います。やり方に制限があり、全員が歯磨きできるわけではありませんが、少しでも口の中をきれいにし、感染予防になればと思っています。
 
6月17日・23日 読み聞かせ 
6月17日と23日は、教師の読み聞かせがありました。読み聞かせをしたのは、西田先生と高綱先生です。子どもたちが興味をもちそうな昔話の絵本や戦国時代のお話を読みました。子どもたちは久しぶりの先生による読み聞かせに集中して聞いていました。とてもいい時間となりました。 

 
6月17日 5年カワゲラウォッチング 
5年生が総合の学習でカワゲラウォッチングをしました。土岐川観察館の方に指導していただき、川にはいるときの注意やどのように水生生物を捕獲するのかを知りました。そして、早速川に入り、タモで水生生物を捕獲しました。たくさんの小魚やカワゲラなどが捕獲されました。その種類と数を調べ、川のきれいさを確かめました。釜戸の土岐川はきれいな川であることがわかりました。kもどもたちは久しぶりに校外で学習できたこともあり、大満足でした。 
 
6月17日 1年学校探検 
1年生が学校探検を行いました。先週に続いて2回目の探検でした。今日の学校探検で、ほとんどの教室や場所を回ることができたようです。校長室にもたくさんのグループが探検にきました。校長室にある歴代校長の写真や厚い扉の金庫、運動会のトロフィーなどに興味を持ち、たくさんの質問を受けました。みんな興味津々で探検できていました。 
6月11日 3年町探検
3年生が町探検に出かけました。雨が降りそうだということで少し早めに出発し、降り出す前に学校に帰ってきました。探検したのは釜戸駅周辺です。建物が多いことや店や銀行があること、道は少し狭いことなどを見つけました。今後、他の地区にも探検に出かけ、様子の違いについて勉強していきます。 
 
6月10日 放送による対面式  
1年生との対面式を行いました。本来なら体育館で集会を開き、実際に顔を合わせて行うものですが、新型コロナウィルス感染症予防のため、放送で行いました。はじめに執行部が釜戸小の6つの宝について紹介しました。続いて、2年生から6年生までの代表が、お祝いの言葉を述べました。最後に1年生の代表もお話ししました。離れていても思いやりの心が伝わるあたたかい対面式となりました。 
 
6月9日 日傘での登下校と安全指導 
連日30度を超える暑さとなりました。子供たちは、日傘のように傘をさして登下校しています。直接日が当たるより、少しは和らぐようです。今年度は、新型コロナウィルス感染症による臨時休業のため、交通安全教室を実施していません。そこで9日と10日の2日間で、横断ほどの渡り方を分団ごとに指導します。また、2mの間隔をあけて歩く感覚がわかるように、運動場に印をつけ、その印の間隔で歩くように指導しました。暑くなったら、2m間隔が空いていればマスクを外してよいことも指導しました。新型コロナウィルスにも熱中症にも交通安全にも注意して登下校しなければなりません。これからも継続して指導していきます。 
 
6月4日 命を守る訓練 
今年度1回目の命を守る訓練を実施しました。新型コロナウィルス感染症予防のため、並ぶ時は間隔をあけて並びました。大地震が発生し、火災の恐れもあるという想定でした。子どもたちは、「お・は・し・も」の約束を守って、とても上手に避難しました。万が一の時に備えていい訓練ができました。 
 
6月3日 授業に慣れてきました 
学校再開から3日目になりました。準備登校からは7日目となります。子供たちは前向きで少し離れて机に座っていますが、それに慣れてきたようです。今日の授業では、自分で考えて挙手したり、仲間の意見をしっかり聞いたり、先生と一緒に発音したりする場面が見られました。マスクしたままの授業はやりにくいこともありますが、それでも集中して学習しようとしていることに、感心しています。
 
5月25日 準備登校1日目 
3月からずっと臨時休業が続いていましたが、ようやく新型コロナウィルス感染症の収束の気配が見え、本日、およそ3か月ぶりに全校の児童が登校して来ました。どの子も学校で友達に会えるのを楽しみにしていた様子でした。学校では、1時間目に感染予防に配慮した新しい生活の仕方(ルール)や手洗いや消毒の仕方などについて指導しました。休み時間になるとみんなが元気に運動場に出て遊びました。1年生の子は初めて遊具でたっぷり遊ぶことができました。他の学年の子も、友達と遊ぶのを心から楽しんでいる様子でした。休み時間の後には、みんなきちんと手洗いや消毒をしました。手洗い場は密にならないように使用できる蛇口がひとつ置きになっていますが、きちんと並んで待っていました。とても順調な準備登校1日目でした。保護者や地域の方々の登下校の見守りに感謝いたします。  
 
4月30日 PTA感謝状を渡しました 
4月18日に予定していたPTA総会が実施できなかったため、PTA感謝状や花束を個別にお渡ししました。昨年度のPTA会長さんには感謝状と花束を、母親委員長さんには花束を、昨年度市P連のPTA広報委員長さんと母親副委員長さんには感謝状をお渡ししました。1年間、本当にありがとうございました。 
 
4月7日 始業式・入学式 
令和2年度がスタートしました。子供たちは元気に登校してきました。着任式や担任発表をした後、学級開きをしました。担任の先生が自己紹介したり、一人一人が自己紹介したりして、みんなでいい学級を作ろうという気持ちをもちました。午後からは入学式を行いました。新型コロナウィルス感染症の予防措置により、在校生は参加せず、保護者は1人だけの式となりましたが、新1年生はきちんと座り、よくお話を聞いていました。いい入学式ができました。
 
4月6日 マスクの寄贈 
 新型コロナウィルス感染症の影響が広がりマスク不足になって困っている中で、渡邉和子様が手作りのマスクを全校児童に1つずつ寄贈してくださいました。市議会議員山下千尋様の働きかけがあり、社会福祉協議会釜戸支部様から費用を出していただきました。本当にありがたいことです。感謝して、大切に使いたいと思います。
 
ページのトップへ戻る